大事な実印

印鑑は、「命の次に大事」だと子供の頃に親から言われたことを思い出しました。保証人になったり、人生を左右するような大事な場面で、印鑑を押すことがあるので、印鑑を大事にしなさいよ、印鑑を粗末に扱っていけませんよ、印鑑を押す時は、本当に押して良いかどうかしっかりと落ち着いて考えなさいよという事を言っているのではないかと思います。

また、印鑑には、印相があって、金運とか健康運とか運勢がよくなるように鑑定士とかにみてもらったりします。これも印鑑は、それだけ大事なものですよとか大切に使いなさいよということの表れではないかと思います。

それに印材も象牙とかいろいろあって、あなたにはこれがいいとか言われてもよくわからず、そういうものなのかなという感じなのではないでしょうか。最近では、チタンの印鑑もあるそうです。

でもやっぱりよくわからないからと言って、いいかげんに印鑑を作るわけにはいきません。特に実印ともなれば、一生物になりますし、値段も高額になります。

実印を作る時は、いろいろ調べて、自分で納得したうえで、作るのがいいと思います。しかし、契約とかで急に必要になる時があるかもしれません。それで、成人になった時とか就職した時とか結婚した時などの人生の節目で作るのがいいのではないでしょうか。

ネットで調べていましたら、参考になるサイトを見つけました。<実印どこで

大事な実印を慌てて作って、後悔することのないように、詳しい人に聞くとか、印鑑屋さんに聞くとか、ネットで調べるとか余裕をもって準備しておくといいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です